明大ラグビーファンクラブ

最新ニュース

成功するビジネスを構成する4つの絶対的な原理原則

このエントリーをはてなブックマークに追加

『成功するビジネスの原則』

として

1、イニシャルコスト(初期費用)がかからないもの

2、粗利(売上ー原価)が高いものであること

3、在庫をできるだけ持たない

4、毎月継続的な収益があがる仕組みがある

が揃っているモデルを追及しましょう、ということが言われます。
この原則に基づいて行動・ビジネスを立ち上げれば稼げるビジネスモデルに参入できますし、稼ぐことだって可能です。

逆説的にいうと、この原則にあわないビジネスを行っていると「儲からない」という方程式が成立します。
ファンクラブマーケティングはこの原則に則ったモデルになります。

1、イニシャルコスト(初期費用)がかからないもの

ファンクラブモデルは決済のインフラさえ整えばあとは、イニシャルコストをかけずとも運営を開始することが可能です。

決済も代引きなどであれば導入費用はほぼかかりません。

特にインターネットが発達した今であれば既存の無料サービスを利用することでほとんどコストはかからないのです。

2、粗利(売上ー原価)が高いものであること

粗利の高い商品の企画はいくらでも可能です。

たとえば、あなたのお店から毎月、定期的にお奨めの商品が届く。

月額5000円パックで会員制サービスをつくったとしましょう。
原価はかかりますが、そこに、商品の使い方・料理の仕方などが掲載されたレポートをつけたりすることで「付加価値」がうまれます。

物をありのまま売るだけではなく、付加価値をつけることで、原価を上げずに商材を構築することが可能となるのです。

3、在庫をできるだけ持たない

在庫については、「決められたお客様」がいるということは数が決まっていることになるわけですから、あらかじめ必要な適正在庫だけ仕入れることができるわけです。

4、毎月継続的な収益があがる仕組みがある

こちらは言うまでもありませんね。
儲かるビジネスモデルを構築するために、一度この原則に則って考えてみてはいかがでしょうか?

会員でない方は、下記から
メールアドレスをご登録いただく
だけで会員になれます(無料

「完全無料」どんなビジネスにもあてはまる『160のファンクラブ型経営モデル事例集』『会員特典を各カテゴリごとに層別した、会員ビジネステンプレート』をプレゼントします。今すぐお申込みください。

*メールアドレス
*お名前(姓)・ニックネーム

ファンクラブマーケティングSNS